2016年11月12日 12:45  カテゴリ:代表岩瀬の日記

腸活ツアー~金城大学の学生さんが企画した豊田をめぐるツアーで丸加醸造場にも来店してもらいました~

今日は金城学院大学の大橋ゼミの子たちが主催したツアーでご来店がありました。

ツアーのテーマは
『腸活ツアー ~豊田市の自然環境で腸内環境を整える~』

なので、お味噌と腸活をからめて20分の講義と蔵の見学20分させていただきました。






講義内容は
1.腸活とは
2.腸内細菌とは
3.腸内細菌と味噌の関係
4.腸内細菌と漬物の関係

ツアー参加のみなさん、真剣に私の講義を聞いていただいたので話甲斐がありました!

講義資料つくるのに改めて勉強していたら、腸内細菌にはお漬物がいいということを再認識。
 お漬物の豊富な食物繊維で腸内細菌が活性化!
それにお味噌がからだにいい理由も再認識。
 お味噌と腸内細菌がであうと、美肌効果と抗がん効果を発揮!

こういった見学があると社内をきれいにしようという意識がでてくるし、社員さんにも活気がでてくるし、いいことづくめです。

金城学院の学生さん達ありがとー!  


Posted by 味噌の丸加醸造場 │コメント(0)

2016年11月04日 11:48  カテゴリ:おでん味噌 -レシピ-

チーズこんがり!味噌ネーズをのせて焼くだけ!簡単レシピのマヨ味噌チーズ焼き

乳製品と味噌はよく合います!
今回は鮭と鶏ささみでやりましたが、鶏むね肉や白身の魚でもおいしくできそうです!

  



準備するもの
 鮭(塩がきつくないもの)
 ささみ
 おでんみそ
 マヨネーズ
 ピザチーズ

鮭の皮と中骨をとる(省略してもOK)
ささみは筋をとっておく(省略してもOK)

味噌ネーズをつくる



おでんみそとマヨネーズを4:6でまぜる。
(他社さんのでもOK!注意したいのは化学調味料と増粘多糖類は入ってない方がおいしくできます!!)


クッキングシートに切り身をのせて、味噌ネーズを切り身に塗る

(手前はささみ、奥は鮭の切り身)

ピザチーズをのせる



180℃で5分焼く

※さらにおいしくするポイント※
260~280℃くらいで3分焼く
(温度を上げて焼くことでチーズにこんがりと仕上がります)
焼く時間が長いと素材からドリップがたくさん出てしまいパサパサになってしまいます。

できあがり!  


Posted by 味噌の丸加醸造場 │コメント(0)